スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16歳の少女が遺した最後の贈り物

よっちゃんの不思議なクレヨン
よっちゃんの不思議なクレヨン

あらすじ
不思議なクレヨンがいろいろな心を教えてくれます。
おばあちゃんから不思議なクレヨンをもらったよっちゃん。
そのクレヨンで絵を書くと次々と描いたものがとびだしてきます。
心のやさしいよっちゃんは絵に描いた果物を、ほしがる小鳥や動物達に与えます。
自分のほしいものを全部動物達に取られ、悲しくなったよっちゃんは、最後に残った黒と白と茶色のクレヨンで描いたものは・・・



コメント
よっちゃんの不思議なクレヨンは、子ども達に大切な「心」を教えてくれます。
①やさしい心  
②みんなの為に奉仕する心 
③ごめんねという反省の心
④自分だけの間違った欲張りな心  
⑤ありがとうという感謝の心

16歳という短い生涯を終えた少女が書き遺したメッセージを映画化した作品です。病床の少女が書き上げたメッセージは子ども達に生きる事の大切さと素晴らしさを教えてくれるのでは、ないでしょうか・・・

よっちゃんの不思議なクレヨンの公式ページ



この映画の原作本 image
よっちゃんのクレヨン

よっちゃんのクレヨンよっちゃんのクレヨン
(1995/09)
こばやし ちえ

商品詳細を見る
この映画の原作本です。力強いメッセージは子ども達の心に響きます


決して悲しい作品ではありません。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

kyowafilm edu

Author:kyowafilm edu
教育映像専門
教育映画専門に25年以上携わった専門家の目で、子どもに見せたい映像をご紹介しています。

スポンサードリンク

ブログランキング参加中

最新記事

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

良い映画は心を育みます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。