スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめを・・・ 止めようと思う

いじめを見ているだけではなく、勇気を出して止めようと思う。」

これは、中学校でのいじめ問題についての学習があり、その時の中学生の感想です。

その様子は、読売ザKANSAIの取材受け、ニュースとして放映されました。


人権学習の時間に、いじめ問題啓発映画ひとみ輝くとき」を観賞。



中学校でのいじめ問題人権学習の様子




その後いじめ問題についてお互い意見交換がなされました。

また、この学習前と後では明らかに子ども達の心の変化が感じ取れるアンケート結果がでています。


また、そのアンケート結果で、約7割の生徒が自分は傍観者だった(気づき)と答えています。

子ども達の心が動いたことがよくわかります。


以下が子ども達の感想文です。



•もしも、友達がいじめられてたら仲裁者になってあげたいし、自分がいじめられたら仲裁者になってほしいと思う。

•いじめは、人の心をきずつけるようなひどいことだと思います。いじめをする加害者は、被害者が気にくわないからとか、その人の態度がむかつくという理由だけで被害者をなぐったり、暴言を言ったり、金をまきあげたりします。しかし、現在は、ケータイやインターネットがあるので、加害者は顔がわからないと思い、どんどん悪口を書いています。けど、被害者はそれを見て心をきずつけ、死ぬかもしれません。なので、いじめは人もころすはんざい兵器だと思います。


•人の命は、すごく大事だと思った。いじめている方はとてもちいさな事だと思っていてもいじめられてる方には命にかかわることがあると分かった。

•いじめはいけないと思った。いじめられていた子は、何もしていないのに自分の気持ちだけで、人をいじめるのは最低だと思った。見て見ぬふりをしていても、それはいじめられている子からするとすごく辛いことだと知りました。

•もしこれから、身のまわりでいじめがあったときは、加害者や観衆、傍観者になるのではなく仲裁者としていじめをふせぎたいと思います。

•ビデオを見て、いじめのおそろしさがわかりました。いじめで学校にこれなかったり、友達ができなくなったり、もしかしたら命を落としてしまうということがわかった。

•私は「ひとみ輝くとき」を見て、いろんなことを学びました。いじめは、やってる人はふざけてる気持ちでやってても、やられている人はとてもつらいことなどを学びました。いままでも「いじめはだめだ!」と思ってましたが、今日、このビデオを見て、「いじめはだめ」ということを今までよりも強くかんじました。

•とても実写だけあってリアルに表現されていてよかった思います。この学校にも実際いじめがあるので、それに対してぼくも仲裁者になれたらいいと思います。このビデオを見てとてもいい勉強になったと思います。

•私は、被害者を助けてあげる、仲裁者になるのはとても勇気がいるし、難しいと思います。特に男子の中の暴力的なイジメを助けてあげたら、自分が次はイジメられるかもしれないと、みんな思う事だと思います。でも、いじめはいけないことだから、最近、イジメみたいな事がおこっているけど、加害者がすごくむかつきます。早く、イジメはダメだと気づいてほしいです

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

kyowafilm edu

Author:kyowafilm edu
教育映像専門
教育映画専門に25年以上携わった専門家の目で、子どもに見せたい映像をご紹介しています。

スポンサードリンク

ブログランキング参加中

最新記事

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

良い映画は心を育みます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。