スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスの中での心ない発言|エールを贈るバス

あるバスの中での出来事。

交通事故で下半身が不自由になり、車いすでの生活を送っている少女、智香(8歳)が、入院先の病院から外出許可をもらい、久しぶりに外出する。

人権教育映像 エールを贈るバス


少女の母親と付き添いの看護師といっしょに姫路セントラルパークに向かうため、バスに乗り込む。


そのバスに、2組の親子づれが乗ってくる。
その、中の子ども(4歳)が、バスの中で遊びだし、少し騒がしくなった。

その事を運転手に注意され、母親が子どもに「静かにしなさい!」と叱る。

そして、母親は「じっとしていなさい!言うことを聞かないとあの子みたいになるよ!」と、智香(車いすの少女)を見ながらしかりつけた。

当然、智香と母親、看護師にも聞こえていた。

この心ない発言に智香は傷ついた。
その眼には悔しくて涙がこぼれていた。

智香の母親も看護師も同じ思いだった。

悪気や悪意はなかったものの、思いやりのない発言。

この発言を通してドラマは展開していきます。

この発言は、実際のバスの中であった出来事を再現しています。



人権啓発映像 「エールを贈るバス」



悪気はなくとも、無責任な発言から人を傷つけたことはありませんか?

このドラマは、相手の立場に立って考えることや、過ちを素直に認め、ごめんなさいと言える勇気、やさしさ・思いやりの心の大切さを描いたドラマで、人権学習にも活用されています。



人権啓発ドラマ「エールを贈るバス」




小学校や中学校の道徳・人権学習、地域社会での親子映画会などに最適な30分のドラマです。

ぜひ、みなさんの学校や地域社会での上映をお薦めします。

映画:エールを贈るバス 詳しい詳細は題名をクリックしてください
時間:30分
推薦:文部科学省選定・青少年育成国民会議
対象:小学生・中学生・一般地域社会

スポンサーサイト

人権学習 ハンセン病

ハンセン病 今を生きる

【実話のドキュメント】
石田雅男さんは、10歳のとき「らい病」と診断され親と引き離され、人目を避けて貨物列車、トラックと荷物のように愛生園に運ばれ社会から排除されて60年が経った・・・

ハンセン病は「らい病」と診断された患者が、強制的に隔離されたことから『強い感染力をもった恐ろしい病気・伝染病』という間違った考えが広まり、偏見と差別を大きくしたといわれています。

現在では早期発見と適切な治療で、障害を残すことなく治る病気です。


この映画は、長い間隔離生活を余儀なくされたハンセン病元患者の心の叫びです。
最近では、ようやく世間の理解が増えたとはいえ、未だ差別や偏見は残っています。
この映画の中で、子ども達と石田さんの交流は本当に心温まるものがあります。
子どもの頃から人権学習を行うべきであることをひしひしと感じ取ることができます。

ぜひ、学校や地域での人権学習にご利用下さい。


ハンセン病今を生きる 小林綾子

【石田さんのふるさと鳥取県を訪ねるワンシーン 小林綾子】

ハンセン病今を生きる公式ページ


よろしければクリックお願い致します。









プロフィール

kyowafilm edu

Author:kyowafilm edu
教育映像専門
教育映画専門に25年以上携わった専門家の目で、子どもに見せたい映像をご紹介しています。

スポンサードリンク

ブログランキング参加中

最新記事

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

良い映画は心を育みます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。