スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育映画とは

心に残る映画
映画会01

教育映画って聞いたことありませんか?
昔学校の体育館や公民館・市民会館などで見た映画のことだと言えばおわかりですか?
強制的に見せられたと思っている人も中にはいらっしゃるかもしれませんが、どこか心の片隅に、その映画の記憶が残っていませんか・・・

教育映画とは、やさしさや思いやりの心・いたわりの心など、人として大切なことをテーマにした映画です。

では、それらの映画はなぜ、心に残っているのでしょうか?
映画は、真っ暗な中で大勢が集まり、ひとつの画面に集中し、泣いたり・笑ったりしながらみんなで感動を共有することで記憶に残りやすいのです。
テレビで寝転びながら・おかしを食べながら見た映画とは、同じ作品を見ても大きな差が出てきます。

映画は、多かれ少なかれ子ども達の心に影響を及ぼします。
だからこそ、心に良い影響を与える映画を見せることが必要ではないでしょうか・・・

デジタル時代の今、新しい映像の形が次々と現れていますが、映画は決して古いメディアではありません。今でも映画館は映画フィルムで上映されています。

最近、学校で映画を見る機会が少なくなっていますが、改めて映画の良さを見直し、大きな画面で集中できる映画を、ぜひ活用していただきたいと思います。


16ミリ映写機―映写技術と映画会の開き方16ミリ映写機―映写技術と映画会の開き方
(2000/10/12)
櫛田 磐土橋 美歩

商品詳細を見る
視聴覚教育の基本的機器である16ミリ映写機は,学校教育・社会教育の中で独自の領域を担っているが,映写機のしくみ・操作法から映画会の実施方法まで詳しく解説されている。


スポンサーサイト

心の教育は映像で!

子ども達を取り巻く環境は悪化し、いじめ問題や不審者による子どもの被害、自殺や事故・虐待…本当に心が痛む話題ばかりです。これは、決して子ども達だけの問題ではなく、その背景には大人社会での影響が多大にあると、教育委員会でも指摘しています。

こんな時代だからこそ、やさしさや思いやりの大切さを改めて見直し、夢や希望のある社会にすることが未来ある子ども達のために最も重要なのではないでしょうか!

その中で、子ども達に最も必要なのは心の教育だと考えています。
その心の教育は国をあげて取り組んでいる最も重要課題です。子ども達が一人で遊ぶゲームやパソコンなどでは心は豊かにならないことは、みなさんもご承知のことだと思います。

映像は視覚・聴覚そして心に訴えかけるすばらしい教材です。
映画や或いはテレビドラマを見て感動したり・泣いたり・笑ったり・怒ったり…
良くも悪くも映画(映像)は人々に影響を与えます。(昔見た映画が心の片隅に残っていませんか?)

このブログでは、心に残る・感動する良い映画にこだわり、子ども達の心の教育の一助になればと思う映画をご紹介いたします。



プロフィール

kyowafilm edu

Author:kyowafilm edu
教育映像専門
教育映画専門に25年以上携わった専門家の目で、子どもに見せたい映像をご紹介しています。

スポンサードリンク

ブログランキング参加中

最新記事

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

良い映画は心を育みます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。